顧問先様専用ページ

06-7507-2520

sawami@cuore-sr.com

大阪市阿倍野区阪南町5丁目23-15
西田辺林ビル401号

       

★技能実習生の労働上限時間★

2021/05/31

皆さんいつもお世話になっております<(_ _)>
戸川ですよm(__)m
今回は最近私の周りで多くの相談が寄せられている外国人実習生の時間外労働についてご連絡致します_(_^_)_

■外国人技能実習生の労働時間の上限について注意すべきこと■
外国人技能実習生は外国から来て日本の高い技術を学んでいる人々で、将来的には母国に戻って習得した技術を生かして発展に貢献していきます。2017年からは外国人技能実習機構が設立されており、外国人の方がよりよい環境で働けるよう努力がはらわれています。
しかしその一方で、労働基準監督署がおこなった調査では実習先事業所のうち約7割で労働基準関連法違反が見つかるなど、外国人技能実習生の受け入れ先が必ずしも関連法に則って実習生を働かせているわけではないことがわかっています。
その上、違反の4分の1近くは長時間労働などの違反でした。知らないうちに労働基準関連法違反を犯さないためにも、外国人技能実習生の労働時間について詳しく見ていきましょう。
まず外国人技能実習生の受入れ先となる企業や事業所が把握しておくべきなのは、外国人技能実習生の労働時間の上限でしょう。違反した実習先のなかには一人あたりの1ヶ月の最長残業時間が、限度時間の70時間を大幅に超えて177.5時間になっていたという非常に悪質なケースもあります。
ここまでひどくはないとしても、労働時間の上限を超えて外国人技能実習生を働かせてしまうことはあり得るので、労働時間の上限を雇用主が把握しておくことが重要です。

1-1. 外国人技能実習生にも労働関係法令が適用される
外国人技能実習生に適用される法律は多くありますが、働かせ方に関する法律は労働関係法令、つまり労働基準法や最低賃金法、雇用保険法などが日本人と同様、日本国内で働く外国人にも等しく適用されます。つまり労働時間の上限も必然的に労働基準法に定められている規定となります。
労働基準法では一日の労働時間の上限が8時間、一週間では40時間が規定労働時間として定められています。基本的にはこの労働時間を超えて働かせることは、労働者が日本人でも外国人技能実習生でもできません。
つまりは、午前8時に始業した場合、1時間の休憩時間を含めて午後5時には仕事を終えなければならないということになります。

1-2. 外国人技能実習生の残業は36協定で可能
しかし正社員として働いている方であればよく理解していますが、実際には労働基準法の定める労働時間を超えて働いている労働者は少なくありません。
毎日残業しているという方もいることでしょう。ではこれは違法なのでしょうか。日本人であっても外国人技能実習生であっても、36協定が結ばれていれば所定労働時間を超えて労働させることができます。
36協定とは労働基準法の36条にある、雇用者と労働組合との協定のことです。企業や事業所は法定労働時間を超えて労働させる場合、この36協定を結んで労働基準監督署に届け出る義務があります。
36協定が結ばれていれば、外国人技能実習生に残業させることも可能です。ただし残業に関しては通常の時間給の25%増しの割増賃金を支払う必要があります。

1-3. 36協定があっても労働時間の上限はある
よく勘違いが発生しやすいのですが、36協定があれば労働者を好きなだけ働かせることができるというわけではありません。特に過労死が問題になったため、残業時間の上限も労働基準法によって厳しく定められているからです。
36協定では、一般の労働者に対して1ヶ月に最大45時間、1年間で最大360時間と、延長できる労働時間が決められています。
しかし繁忙期などはこの上限を超えて労働させなければならないことも生じるでしょう。
そのため36協定の特別条項が設けられており、企業や事業所が届け出ることによってこの上限を超えた延長時間を設定できます。それでも時間外労働の上限は法定休日労働を除いて最大720時間と定められています。
さらに一ヶ月あたり45時間を超える時間外労働ができるのは年間最大6回までです。かつ法定時間外労働と法定休日労働を合わせて労働時間の上限は1ヶ月あたり100時間未満です。外国人技能実習生についても労働時間の上限がしっかり決められているので、特別条項を含めて詳しく知っておくようにしましょう。

★しかし!ここで注意してください★
36協定結んでいても、厚労省に届出している実習計画の労働時間を大きく上回っている場合、入管法の不正行為認定となるケースもあります。。。。
そうなったら・・・当分の間、実習生を受け入れることができなくなることもありますので、注意が必要です!
技能実習生=労働力の補填と考えてはいけません!!日本の技術研修のために入国していることを忘れないでください!

何か外国人雇用の件でご相談がありましたら弊所までお問い合わせください_(_^_)_

クオーレの泉

アーカイブ

顧問先様専用ページ