顧問先様専用ページ

06-7507-2520

sawami@cuore-sr.com

大阪市阿倍野区阪南町5丁目23-15
西田辺林ビル401号

採用定着士

企業の採用や人材の定着に関する課題解決・理想の状態の構築などを支援する専門家となります。

具体的には以下のようなご支援をさせて頂きます。

 

1戦略立案

採用や定着に関する戦略を明確にしていきます。

なぜ人が必要?なぜ定着させなければいけないの?

いつまでに必要?費用はいくらかけられる?定着率は高い?

 

経営戦略・人事戦略から落とし込んだ採用定着戦略を検討していきます。

 

どんな人が欲しいのかを明確にする

今回の採用活動ではどんな人材が欲しいのか、を明確にしていきます。

つまり、ペルソナの設定です。

理想の応募者像を明確にすることは求人票や採用サイトで

どのようなメッセージを伝えるかを考えるうえで、非常に大切です。

 

求職者を集める

欲しい人材にどうやって応募してもらうかを検討します。

求人媒体を使用することが正しいのか?ハローワークで応募があるのか?

人材紹介会社を使わないといけないか?

費用対効果も検討していきながら、最適な応募者獲得を目指します。

 

選考プロセスの差別化

欲しい人材は競争率が高いです。

応募者へ連絡するタイミング~面接に来ていただくまでの導線など、選考プロセスを差別化することは非常に大切です。

競合他社がまだ気が付いていないうちに、差別化を進めていきましょう。

 

面接でファンにする(選考)

面接は非常に重要です。

優秀な方に出会っているのに、面接の後、断られることが多い場合は動機づけ面接ができていない証拠です。選別することも大切ですが、まずは応募者にファンになってもらうことです。

その上で、選考していくことが大切です。

 

内定承諾をいかに高めるか

「面接の結果、内定を出すことになった」が内定を辞退されるケースも今では当たり前の光景となります。

応募者は複数の企業の選考を同時に進めることが多いので、自然な現象です。

内定を辞退されないようにする為に大切なことは「条件面談」と「退職交渉フォロー」になります。

 

入社・定着を考える

「早期の退職をどう減らすか」「ミスマッチをどう減らすか」

お金や時間をかけて採用した人材に辞められると既存社員のモチベーションにも影響します。しかし、新入社員が定着する為に特別なことをしている会社はまだまだ少ないです。

 

このあたりの戦略も考えていきます。

 

採用・定着のPDCAを回す

それぞれの工程の歩留まり率を数値管理していくことが大切です。

「もっとできることはないか?」を自発的に考えられる採用定着チームを構築します。

いつでも立ち戻るポイントは「求職者視点」です。

 

お申し込み・お問い合わせはこちらから

クオーレの泉

アーカイブ

顧問先様専用ページ